テレビアンテナ選びは以外と大変~電気工事業者に教えてもらおう~

電気工事業者に頼んで理想のテレビアンテナを

デザインアンテナにはいろいろな製品がある

一口にデザインアンテナと言っても、その種類は実に様々です。それぞれに特徴があるので、製品を選ぶ際は、価格だけでなく特徴についても確認しておく必要があります。

デザインアンテナの特徴について

デザインアンテナの形状に対し、「どれも全て平面状の形をしている」とイメージを持っている方が多いと思いますが、実のところそうでもありません。中には六角形をしているものや家庭用エアコンのような台形状をしたものもあります。ただどれもデザイン性に優れており、また樹脂カバーや溶融亜鉛メッキなどの耐候性に優れた素材で作られています。

デザインアンテナと一緒に購入しておきたいアイテム、「ブースター」

アンテナ

デザインアンテナを設置したからと言って、電波が受信しやすくなる……ということはありません。立地環境やアンテナの性能によって受信環境は大きく変わります。そのようなときに頼りになるのがブースターというアイテムです。ブースターは電波の増幅器で、受信した電波を増幅し、各送信先に平等に送信します。

デザインアンテナ設置工事の流れ

デザインアンテナの設置工事を電気工事業者に依頼した場合、どのような流れで作業が行なわれるのでしょうか。

デザインアンテナの設置工事を行なうときは

デザインアンテナを単体で設置する場合
まず、建物から出ているアンテナの引き込み線を確認し、住宅環境を細かいところまで確認した上で設置場所を決めます。あとは先に指定しておいたデザインアンテナ本体をそこに固定するだけです。設置後、受信感度を調べ、そこで問題が発生しなければ作業終了となります。
デザインアンテナとBSアンテナを一緒に設置する場合
デザインアンテナとBSアンテナを両方設置するやり方は、デザインアンテナ単体での設置工事とほとんど変わりません。相違点として、BSアンテナは南南西に向けて設置するということや、電波を混合させる混合器を取り付けることが挙げられます。
TOPボタン